星読視ゆきの【星とルーンの研究室】

多摩・八王子 / 西洋占星術・ルーン・タロット・手相 / 西洋占星術とルーン占いの講座・WS

プロフィール

アセンダント蠍座、水瓶座太陽、乙女座月
ルーンとの最初の出会いは、高校生のとき。1991年、池袋芳林堂で「ルーンの書」と邂逅。そのころより、ルーンをはじめとして西洋占星術、タロットの独学を始める。
13年間、学校給食の管理栄養士として地方自治体に勤務。
退職後、心理カウンセリング、ヒプノセラピー、占星術を本格的に学ぶ。
占い師としては2012年ごろからイベントにて活動を開始。
2013年 3月から5月まで中野トナカイ(現ウラナイトナカイ)にて新人育成枠にて鑑定開始。
マリフォーチュン、代々木第三の眼(2016年-2018年)、横浜中華街占館(2018年)での鑑定を経て、マリフォーチュン有楽町2号店(2014年より2019年)、都内カフェなどで鑑定中。

2016年 トナカイノニカイにて【33文字(アングロ・サクソン・ルーン)のルーン占い】講座開催。

2017年 1月より代々木第三の眼にて【33のルーンリーディングWS】を開始し現在(2019年)も開催中。
また、2018年4月より横浜中華街のプロ占い師向けに実践的な西洋占星術講座を開催。

2018年 ウラナイトナカイ金曜日レギュラーとして入店。2019年7月ウラナイトナカイ閉店により卒業。

現在は、多摩センターにて対面鑑定や西洋占星術(星の勉強会)とルーンの講座及びWS(33のルーンリーディングWS)を中心に活動中。

子どものころより歴史特に古代史やプテラノドン(翼竜)、宇宙が好き。
趣味は森キャンプで美味しい酒とたき火をすること、鳩間島でぼーっとすること。
2019年春より、動物園散歩が新たな楽しみになりました。(プログレス金星の魚座入りの影響か…笑)
既婚。

【執筆活動】
2015年より ライターとして執筆開始(ライター名は「水穂ゆき」)
 アシェット社「占いの世界」144号より【世界の占いと儀礼】全7回シリーズ
 171号より【神々と神話 エジプト編】全3回シリーズ
 183号より270号まで連載【アングロ・サクソン型ルーン占い】

【ひとこと】
恋愛や仕事、人間関係のこと。生きにくさ、これからのこと。
もやもやすることやぐるぐるしちゃうこと・・・。
だれにでもいろいろな悩みはあって、それは、他人とくらべることのできないものだと思います。ほかのだれか(第三者)に話してみることで、いったん心から降ろすことができます。そして、占いという、ちょっといつもとは違った視点から悩みを見つめることにより自分の本心に気づいて、「やっぱりこうしたい」と自分の手で選択していけるのではないでしょうか。そこには、今まで見えてこなかった新たなドアが開くはずです。
西洋占星術やタロットやルーンを使って、心の棚卸しそして心に「灯り」を燈すお手伝いをいたします。

【占 術】
西洋占星術 / タロット / アングロサクソンルーン(33文字のルーン) / 手相 / 心理カウンセリング

【分 野】
資質 / 人生 / 仕事 / 恋愛 / 結婚 / 相性 / 人間関係 / 時期読みなど