星読視ゆきの【星とルーンの研究室】

多摩・八王子 / 西洋占星術・ルーン・タロット・手相 / 西洋占星術とルーン占いの講座・WS

獅子座9度/満月にささやくルーン 2021/01/29

ルーン

 トランスサタニアンと個人天体がアスペクトしていると強い寒波がくると勉強しましたが、昨日の雪がそれを物語っているような気がします。気圧の関係か、それとも私自身のネイタルに今回の満月が関わっているためかはわかりませんが、けだるさとあちこち痛く(笑)てまいっていたのですが、思いがけず降ってきた雪をみてテンション上がってしまいました。
 
 満月に向かう直前って、満ちてくる感ひしひしで感じたことが自分の内側で思った以上に大きくなってしまう時でもあります。興奮気味だったり、寝つきが悪かったりなど。もちろん何も感じないってこともあるのでしょうけど、、、
昨夜から今朝にかけての私はかなりやられていて、グロッキーでした。まあ、そんな時もあるさ。


今朝4時を回って少したったころ、獅子座9度で満月。

今朝4時を回って少したったころ、獅子座9度で満月。
ぱっと見、ちょっとガチガチしているチャートだなぁという印象です。
水瓶座で木星にかぎりなく接近しつつある太陽から、8ハウスカスプ付近の月に強い光が注がれている。
そしてその頂点には少しゆるめの天王星と火星の合

見かけ倒しだったり、見栄っ張りでいるとドカンとぶっ壊されますぞ。
ふだん隠してるホントのところが、思いもよらず明るみ出てくる。
そこを変えていかんとダメなんでしょうね。
法の力なんかもキーワードとしては出てきます。

ふとこのところの日本政府が思い浮かんじゃいました。(笑)
ちょうど、新型コロナウイルス感染症に対応する特別措置法と感染症法の改正案の修正なんかもやってますが、これがどう作用していくのかなぁ。

正義は適切な方向へ使われてほしいと思う今日この頃です。


∞ 獅子座満月のルーン ∞

心の奥底で、すで過ぎ去ってしまった過去、終わってしまったこと、失くしてしまった何か、
今は「亡きもの」に取りつかれていますよ。

いまがリセットするタイミングと分かってはいても、そこに立ち戻ってしまう。

その「亡きもの」を彼岸へと送り出すことで、癒され、新たな再生の道がはじまるとルーンは告げています。

いまがまさしく成長の時